アパート建築と法律

アパート建築に一般の人が携わる、というのは一見すると稀なケースのように考えられがちです。
しかし、実際には不動産投資の形の1つとして、アパート建築からスタートするということはそこまで珍しいことではありません。
高層のものを建築するというのは難しいとしても、低層、木造のものであれば資金的にも無理があるわけではないためです。

ただ、やはり大型の物件を建築する、ということには代わりはありません。
一戸建てを建築する場合よりも、はるかに気を遣わなければならない事が多いのは事実です。
特に知って置かなければならないのが、建築にまつわる法律があるということについてです。
これを知らずに建築を進めようとしても、結局予定通りの物件を建築することが出来ない、ということになってしまうでしょう。
もしその通りの物件が建築出来てしまえば、法律違反として住民を入れる事ができなくなる可能性も十分に考えられます。

建築に関係する法律というのはいくつか存在しています。
まずは「都市計画法」というものがあります。
これは計画的な街づくりのために国や自治体が定めている法律のことを指しており、大まかにどこに何を建築するのか、ということが決められています。
次に「建築基準法」というものがあります。
こちらは物件自体が安全かつ健全であるようにするための法律で、建ぺい率や道路、高さに対する規制などが行われています。
この他にも、自治体による条例などによって規制が加わることがあります。

Copyright © 2014 アパート建築で関わる法律 All Rights Reserved.